スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重巡高雄その3 甲板上構造物の組み付け

001_20130712001031.jpg

 重巡高雄の建造も大詰めを迎えております。見よ! この精密感を!! アオシマのキットとは比べ物になりません。

 フジミには素晴らしいキットを出してくれた事を感謝したい所ですが、高雄型はウォーターラインシリーズの中でも唯一リニューアルに乗り気のアオシマ担当なので、フジミにはアオシマをいじめる様な事はしてほしくなかったと言うのが本音ですね。満を持して出した雲龍型空母も見事にアオシマ、フジミ、ピットロードでバッティングしちゃってたし…。

 むしろアオシマにはやる気のないタミヤとハセガワを捨てて、フジミと同盟して新たなシリーズを立ち上げてもらいたいと思ったり…。

002_20130712001034.jpg

 話しは変わりますが、先日ヤフオクにて、2000/1スケールの「連合艦隊コレクション」と言うものを落札していました。
 実はこれ、我らがタカトミの発売したものでもあります。タカトミは幼児向け玩具専門会社かと思いきや、案外スケールモデルにも力を注いでいたりする様です。

 近くでみると見るに耐えないものですが、遠目に見れば、しっかり艦の特徴をとらえていていい感じです。1個200円のガチャポンと思うと見事なものです。

003_20130712001035.jpg

 なぜこれが欲しかったかと言うと、これがやりたかったからです。そう、遠景モデルです。

 通常、航行中の艦船どうしは数キロの距離を保っているわけですが、これを同スケールどうしで再現するのは、私の狭い部屋では中々難しいです。しかし、このモデルをつかうと、この様に簡単に艦隊行動を再現できちゃうんですねー。

 ゾイドでもこんな安い遠景モデルが欲しいです、ゾイドコレクション再販して欲しいですねー。
スポンサーサイト

重巡高雄その2 船体の作成

002_20130708083012.jpg

 船体を組み終わりました。甲板上の細かい突起物は極細面相筆で塗り分けます。良くネット上でこれらを塗るにも地獄の様なマスキングをしているのを見かけますが、私はそこまでエアブラシ塗装にこだわる必要ってなに!? って思いますね、こんなのはみ出してしまったらタッチアップで修正すればいいんですよ。少なくとも私にはあんな甲板全てを覆う様な地獄マスキングには耐えられません。

 やはり我がプラモ道の原点、艦船模型は楽しいです。

 と言うか、最近自分のゾイド改造センスの無さにがっかりして、ゾイドを作る気分になれないんですよね。うまく表現できないのですが、私はゾイドの魅力を引き出すどころか、半減させてしまっている場合も少なくない、「これ元キットのままの方が魅力あったんじゃない…?」と思う事がしばしばあります。

 もちろんゴジュラスギガ治安局仕様やガンギャラドの様に、元キットのカラーがひどすぎる場合は、我ながら良くなったと思えるのですが…。

 これは単純なカッコよさとかの話しでは無く「雰囲気」や「味」と言った方が近いかもしれません。とにかく、私の作るゾイドは、かつて子供の頃好きだったゾイドとは何かが違う気がするのです、その何かが何なのかがわからないのですが…。

 という事でややスランプ気味なので、これからしばらくは艦船を作って気分転換しますよ~。

重巡高雄その1 パーツ塗装

002.gif

 さて、ジョーシンより誕生日という事で割引クーポンをもらったので、せっかくだからキットを一つ買ってきて作り始めています。

 買ってきたのは重巡洋艦高雄です。日本重巡の中では巨大な艦橋が特徴的なカッコいい艦なんですよ。

 高雄は昔アオシマのキットを作った事あったのですが、あのキットは中々良きっとではあるのですが、さすがにそろそろ古さを感じるものでもありました。
 今回はフジミのキットを作ってみたいと思います。最近私は艦船模型を追いかけていないので、いつごろ発売されたのか分かりませんが、新しいキットである事は確かです。フジミはリニューアルを渋るウォーターラインシリーズの穴埋めをしてくれるありがたい存在で、しかもその金型技術は神がかっており、素組みするだけで十分見ごたえのあるキットばかりなので、今回も完成が楽しみです。その反面、ほとんど手を加える余地が無いのがさびしい所でもあり、完成後の愛着も今一と言う、贅沢な悩みもあります。

 まずはランナーにつけた状態で塗装します。リノリウム甲板を調合したオリジナルの赤茶に、鉄甲板を、軍艦色の船体とのメリハリをつける為、やや明るめのニュートラルグレーで塗りました。各塗料はつや消し添加剤を混ぜて、つやを落としてあります。

軽巡川内完成

002_20121129214022.jpg

 軽巡川内が完成しました、4本煙突が特徴の巡洋艦ですね。

 これは比較的新しいキットですが、細部に間違いや省略が結構あったので、全体的に細部に手を加えてあります、キットは沈没年の1943年仕様ですが、私は最終改装された沈没時仕様とし、マストトップに21号電探を装備したりしています。

 艦船も結構完成品がたまって来たので、そろそろサイトの方にもページを追加したい所ですが中々腰が上がらずです…。

軽巡香取完成

001_20121102210255.jpg

 軽巡香取が完成しました、やはり最新キットなだけあっていい出来でしたね、アオシマの昔の艦船キットはモールドがだるく、ウォーターラインシリーズ3社のタミヤ、ハセガワ、アオシマの中では一番出来が悪いものでしたが、今やその造形技術はトップと言っても過言ではないでしょう、いや、タミヤは昔のキットのリニューアルに積極的でないだけで、本気を出せばこれよりすごいキットを出せるんだろうけど…。

 このキットは太平洋戦争開戦時の1941年くらいの仕様の様でしたが、私は武装が最も充実した最終時仕様で作るのが好きなので、沈没時の1944年仕様という事で作ってみました。
 1944年仕様とするための工作としては、偵察機はゼロ式三座水偵を載せ、艦尾に爆雷投下台を自作して取り付けた所です、しかし、これは艦スぺを参考にしたのですが、それによると推定だとの事です、香取型はあまり資料が充実していないんですよね。

002_20121102210300.jpg

 やはり軍艦は目線を落として見るのが一番好きです、どうです? 格好いいでしょう、他の日本軽巡のどれにも似ていないのはおろか、駆逐艦、重巡洋艦まで含めてみても、日本巡洋艦の中では異彩を放つ姿をしています。

 昔のキットのマストパーツは太くて、そのまま使うと野暮ったい感じがしてとても使えたものではありませんでしたが、このキットのマストパーツはシャープでそのまま使っても全く問題なさげでした、ただ、前後マスト共、水平ヤードの長さが短すぎる気がしたので、伸ばしランナーで自作して両サイドを2ミリずつ延長させました。003_20121102210304.jpg

 ウォーターラインシリーズは作った後他の艦と並べて、艦形の違いを見比べたりするのも楽しみの一つ、早速他のコレクションと並べてみましょう。

 一番奥が同じ軽巡の阿賀野です、阿賀野型は軽巡の中でもかなり大型の艦ですが、それにしても全長に差があります、しかし、香取は艦幅がかなりあるので、スマートな阿賀野に比べてかなりずんぐりむっくりした印象を受けます、一番下は駆逐艦陽炎ですが、全長は駆逐艦にやっと勝っている程度ですね。

 これを見ると香取型はかなり異彩を放つ艦である事が見て取れますが、それもそのはず、香取型は日本海軍最初で最後となる純正練習艦として設計されたフネだったのです。
 しかし、完成してすぐに太平洋戦争が勃発したため、本来の目的であった練習艦として役割をほとんど果たすことなく、その通信性と居住性の高さを生かして、潜水戦隊の旗艦として戦線に投入されることになったのです。

 しかし、戦闘艦としては砲撃力も装甲も速力も低く(軽巡洋艦は平均34ノットくらいの所、香取型は20ノット)、かなり弱い艦でした、物量に乏しい日本としてはそれでも戦線に投入する必要があったんでしょうねぇ。

 さて、これにてエンジンがかかってきたのでレドラー改造にもどろう、と言いたい所ですが、まだゾイド改造をする気になりませんねぇ、ゾイド改造は面白いけどかなりエネルギーを消費するんです、ここはもう一つ艦船を作ってさらにエンジンの勢いを高めたいと思います、いずれまた無性にゾイド改造がしたくなる衝動がくるでしょうから…。
プロフィール

発砲斎

管理人:発砲斎

ゾイド大戦記へ


ゾイド大戦記もよろしく!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。