スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルディガンナーカラー調整中

001_201312231715198f2.jpg

 次はヘルディガンナー行きます。こいつはすでに図鑑に登録してあるのですが、あれはかなり初期に塗装したもので、今とはまたカラーが微妙に違っているので、今の完成したガイロスカラーで塗り直しました。

 heru-a.jpg

 この今の図鑑の写真を見てもらうとわかる通り、以前は頭部の赤いクリアフードは、ギルドラゴンに合わせようと、上からクリアーブルーを吹いて青っぽくしていたのですが、やはり赤の方がギルベイダーっぽくてかっこいいかもしれないと思ったので、溶剤で塗料を落として元にもどしました。

 しかし、いざ戻してみるとやはり安っぽい赤で微妙な感じもします。写真ではなぜか結構良く見えますが、実物はどうもチャチな感じがするんですよね、やはりもう一度軽くブルーを吹いてナチュラルな感じにしたいと思います(ボロエアブラシの調子が良ければ…)

 しかしこうして並べてみると我ながら前よりかなり良くなったと思いますね、以前は装甲は完全なブラックで、内部をドギツイMrカラーのパープルで塗っていたのでかなりけばけばしく下品な感じでした。人によっては下の方がいいと言う人もいるかもしれませんが…。
スポンサーサイト

ダーク・マンモス完成!

001_20131210195051181.jpg

 頭部のブレードアンテナを外した代わりのパーツと、主砲エネルギーチューブの胴体側結合部分の反対側ハードポイントに付ける、対空セットを作りました。

002_201312101950527ba.jpg

 これがフル装備状態、頭部アンテナは悪の象徴、リーゼントの様でさらに悪そうな顔になったでしょう。これは、主砲を前方に撃った場合に邪魔にならない様に前傾させた結果です。

 それから、主砲基部付近に対空セットが付いているのがわかるでしょうか。エレファンダーにあと何が足りないかと考えた結果、これだけ火器を搭載していながら、対空戦闘に使えそうな武器が、尻尾のビームガンくらいしかなかったので、対空火力をアップさせてみました。
 エレファンダーの様な、攻撃を受ける事ありきの低速重装甲ゾイドには、対空火力はかなり重要だと思ったのであります。

 これは対空警戒レーダーと連動していて、敵機を自動迎撃します、もちろん、地上戦にも使えますよ(…と言う設定)。

 さて、エレファンダー改造もこんな所ですかね、後は各部の手直しなどをして、出来るだけ早く図鑑に登録したいと思います。
 そういえば病気で先延ばししてたブラックライモスのページも作らないと。

 この改造エレファンダーの名は、魔戦像「ダーク・マンモス」とします。何のひねりも無い面白みのない名ですが、まあ無難でしょう(2つ名はこの場限りの悪ノリです)。

 どこかで、旧暗黒軍ゾイドの名の中黒の左側の「ガル」だの「ギル」だのと言った名は、部隊名だかを表していると読んだことがある気がしたので、ダーク・ホーンから、暗黒軍突撃大型ゾイド部隊の名は「ダーク」なのだろと思ったので、それを引き継いでダーク・マンモスとしました。

エレファンダー 耳・主砲・尻尾完成

001_20131207155903812.jpg

 エレファンダーの各部自作パーツのディティールアップを進め、それっぽく飾り付けをしました。

 耳はこんな感じに。

002_20131207155905c5f.jpg

 主砲もこんな感じにしました。若干ビームガトリングのイメージを引き継いでる感じです。

003_201312071559067c8.jpg

 尻尾はこの様に、副操縦席には防弾板を追加し、尻尾は上下に動かせそうな感じにしています。

 あとは、頭のアンテナを取った代わりのパーツと、胴体エネルギーチューブを連結させた反対側のハードポイントにもレーダーか何かのパーツを付けて完成とさせる予定です。

エレファンダー 耳・尻尾の作成

 エレファンダーはエレファンタスを除けば、おそらくゾイド初となる純ゾウ型ゾイドであり、とても貴重なので、ゾウ型のままにしたかったのですが、このコマンダータイプが明らかにマンモス型である事と、ガイロスゾイドには穏やかなイメージのあるゾウよりも、原始人と死闘を繰り広げた勇ましいマンモスの方がふさわしかろうと思い、モチーフは完全なマンモスにしてしまおうという事になりました。

003_20131203213831ecd.jpg

 そこで、まずはマンモスらしい小さめの耳パーツを作りました。

005_20131203213833a73.jpg

 それから、尻尾もマンモスにしては長めだったので、短めのものに作り変えました。

 また、ゾイド同士敵味方入り乱れて戦う事になるであろう突撃ゾイドには、パイロット一人では負担が大きすぎるだろうと思ったので、補助パイロットの座席も作りました。

 座席は当然、ゾイド界伝統の開放式コックピットです、私は人道的に装甲式にしたかったのですが、脳内大本営は「ゾイド人に甘えは許されん」と言ってきたので、この様な形となりました。

 もちろんこの後もっとディティールアップをするつもりですが、とりあえず形はできてきました。この2つを改修しただけでも、かなりマンモスらしくなってきたのではと思います。

エレファンダー パイプ設置と機銃移設

001_20131201201306fd6.jpg

 ダークホーンの様に、主砲と胴体をスプリングパイプでつなぎました。つないだ所は、ビームガンがあったハードポイントです。

 取り外したビームガンは、適当なジョイントを作って尻尾の先に移設。

 それから、突撃戦では、敵に真正面から向かっていくと思われ、そうなると、他のゾイドより「正面に撃てる」事が重要な要素になると思ったので、正面に撃つ際に邪魔になる、頭部上のアンテナを撤去しました。このアンテナは厳つい感じを出していて結構好きだったのですが…。
 この跡は適当なパーツでも作って埋めておくつもりです。
プロフィール

発砲斎

管理人:発砲斎

ゾイド大戦記へ


ゾイド大戦記もよろしく!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。