スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSSコマンドウルフ買わず

 久々の改造ゾイド「ダーク・マンモス」のページを追加したのですが、見ていただけたでしょうか? 特に注目してもらいたいのはダークマンモス本体よりも、後ろに倒れているMSSシールドライガーです。ポーズも自由につけられるし、ほんと遠景モデルとして最高ですね。

 それで、味を占めた私は、MSSコマンドウルフが欲しくなって模型店に行ってきたのですが、結局何も買わないで帰ってきました。
 いや、コマンドウルフはあったのですが、値段を見て気が引けてしまったのです…、ゾイダー失格ですね、もう非国民ならず、非ゾイダーと呼んでください。

 しかし、シールドライガーが2600円でコマンドウルフが2500円…、あのシールドよりもさらに小さいのに100円しか安くない、さらに、隣にHMMイグアンが3600円ほどで置いてあったりして、どうしてもMSSが値段に比して見劣りしてしまうんですよね…。しかも、コマンドウルフ1体買う事を考えると、もっと安くてボリュームのあるガンプラのHGヤクトドーガやケンプファーを買った方が幸せになれる気もしてしまう…。

 そんなわけで結局買う決断が出来ずにのこのこ引き返してきたわけです。小さくてコレクションスペースを取らず、しかもポーズが自由に決められると言う、まさに私の求めていたゾイドなのですが、これがガンプラHGシリーズの様なリーズナブルなシリーズだったらと改めて思った次第でありました。

 所で、今日行ってきた模型店で、最近発売されたばかりのHMMゴジュラスが置いてあり、その巨大さに圧倒されました。
 私など値段的にも保管スペース的にも、人目的にもとても買う勇気はありません、あれを店頭で買ってしまう人は、真のゾイド勇者だなと思いました…。
スポンサーサイト

どうするよこれ

001_20130801112334645.jpg

 少し大きめのダンボールを買ってきたので、手持ちゾイドをすべて詰めました、前回透明のプラスチックのボックスに入れた超巨大ゾイドもこの2つの箱に収まる見積もりだったのですがダメでした。

 しかし、改めてこうしてみるとものすごい量で、恐怖と言うか、怒りと言うか、妙な心境にさせられましたね。

 こうしてしまうと改造の為に取り出すのも一苦労だし、これからどうして行こうか…。

 半端な覚悟でゾイドコレクションに手を出すべきじゃ無かったのだ、私にはとてもこいつらと一生共存していく覚悟は無い。

 いっそこの基に完全にMSS一筋で行こうか、そんな事を考える今日この頃であります。

ゾイドデカすぎ問題

001_20130716072253.jpg

 私はゾイドはいつでも取り出して眺められる様にバラさないで収納していたのですが、巨大クラス以上のゾイドは箱にも収まらないので、クローゼットにそのまま押し込んでいました。
 これがクローゼットの上段の半分を占拠しており、常々邪魔に感じていたのですが、ついに布団をしまえないと言う物理的な問題が発生したので、泣く泣く解体して箱に納める事になりました。

 しかし、これまで衣替え用の衣類をしまっていた大きめのボックスに詰めてみたのですが、これでもクローゼットのゾイド半分しか収まりませんでした。あとこのクラスの箱2つ用意する必要があります…。

 こうなると箱が増えて部屋の美観も損ねてくるので、このゾイドは実家送りも検討中。

 ゾイドはどれも個性的でコレクションのし甲斐があるのに、この巨大さが本当にネックなんですよね。MSSが発展してほとんどのゾイドが出た暁には、この邪魔なトミーゾイドはすべて手放すつもりです。頑張ってくれMSS!!

ゾイドファンのありかた

 今日は少し真面目にゾイドファンのあり方とやらを考えてみましょうかね。

 「ゾイド」なら何でも受け入れて絶賛してくれるファン。

 何かやるたびにやかましく文句を言ってくるファン。

 どちらがメーカーにとって、シリーズにとっていいファンと言えるでしょうか? 私は後者だと思っています。ただ、他意を含まない正当な意見を言っていれば。また、メーカーもそれが正当な意見であるか見抜ける目があるかも問われるところではありますが。

 どんな場合にもイエスマンばかり囲っていてはその人、その組織の未来は明るくないでしょう、暴走に警鐘を鳴らしてくれる人は必要だと思うんですよね。

 なので、本当に心からこれはまずいと思えば文句を言う、受け入れられなければ買わない、と言うのもファンの一つのあり方なのではと「私は」思っています。

剣好きだねぇ…

 毎度のことながら情報の遅い当ブログなのですでにみなさん知っておられると思いますので、特に画像や他サイトへのリンクで紹介するのは省きますが、本家タカトミの「ゾイドオリジナル」の新作は「ジェノリッター」と言うジェノザウラーの派生型になるようですね。

 まずデザインに関してですが、全体的なシルエットは悪く無いと思います、旧暗黒大陸編のゾイドデザインが好きな私としては何か同じ臭いを感じて中々肌に合います(褒め言葉になるのか…!?)

 特に新規の頭部装甲がゴッドカイザーを思わせてカッコいいと思いました。ただ、あの角はいただけないですね、キングゴジュラスかよと…。
 それから、一番の目玉の背中の大剣ですが、まあ形は素直にカッコいいと思います、ただ、ミラージュフォックスに続いて「また剣かよ!」とは思いましたね。
 まあこの際、動物型である必然性を全く無視した追加格闘兵装で戦うのはよしとしても、せめてもう少し工夫して、これまでに無い格闘兵装考えようよと思いました。その点ジェノブレイカーのハサミや、バーサークフューラーのドリル(これは若干マッドサンダーとかぶっているが)は工夫があって良かったと思います。

 まあ、私は買いませんね、やはりノーマルのジェノザウラーを超えるのは中々無いです。これを買うくらいならヤフオクでガイリュウキでも買うでしょう。

 しかし、私はゾイドオリジナルは「暗黒編」と聞いたので、ヘルディガンナーやデッドボーダーが大活躍する世界を期待していたのですが、どうも違う様ですね。ゾイドオリジナルはコンセプトアートを基準に再構成したゾイド世界との事らしいですが、どうも別に旧ゾイドをベースにしているわけではない様です。
 これはもうゴッドカイザーやデスキャットの再販は望めないでしょうね、残念…。

 しかし、ミラージュフォックスといいジェノリッターといい、ちょっとあいたたたな部分がある意味暗黒大陸編を良くリスペクトしているともいえるかも…。

 まあ、タカトミのセンス(デザインではない)には初めから期待していないので、私は傍観を決め込むとします。もしも新型ゾイドが出たら買うだろうけどね!
プロフィール

発砲斎

管理人:発砲斎

ゾイド大戦記へ


ゾイド大戦記もよろしく!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。