スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彗星33型 完成

001_20131126204537798.jpg
002_20131126204539760.jpg

 リハビリがてら入院直前に買っていた、フジミの彗星43型のキットを作りました、あくまでリハビリなので、仕上がりの方はいつも以上にひどいですがかんべんしてください。

 キットは43型なのですが、33型として作りました、理由は、33型までは風防前に照準器(?)が付いていて、個人的にそこが好きだったことと、43型はどうやら特攻機だったらしいので、心情的に、純粋な爆撃機であった頃を再現したかったことですね。
 まあ、違いは例の風防前の照準器を付けただけなんですけど…、幸い、キットにはこのパーツが付いてきたので
自作パーツも作らずに済みました。

 それから、日の丸や味方識別標識(?)などは付属デカールを使わず、塗装で再現しています。理由は、脆いデカールが嫌いだからです。

 日の丸は描きたい箇所にマスキングテープを張り、定規で測って左右対象の位置に中心点を出し、コンパスの先にデザインナイフの刃をテープで括り付けたものでマスキングをカットすると言う手法で描いています。

 模型界でこんな手法があるのかは知りませんが、これは、空母の甲板に日の丸を描こうと思った時にあみだした方法であります。

 今回、なぜ飛行機の定番のゼロ戦などでは無く、「彗星」を選んだかと言うと、別に特別な思い入れなどがあるわけでは無く、単に風防(キャノピー)が大きくて美し感じがしたからでした。

 私は共和国ゾイドなどでもそうですが、「キャノピー」と言うものに異様に魅力を感じるんですよね、なので、ヘルディガンナーやデッドボーダーなどはドストライクなのです。

 いやー、やはり完成させてみると、この濃緑色の機体にクリアーのキャノピーが映えて大変美しいです。
 いつか、もっと窓の面積が大きい、一式陸攻や、飛龍と言った重爆撃機も作りたいと画策しています。

コメント

非公開コメント

プロフィール

発砲斎

管理人:発砲斎

ゾイド大戦記へ


ゾイド大戦記もよろしく!

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。