スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSSコマンドウルフ買わず

 久々の改造ゾイド「ダーク・マンモス」のページを追加したのですが、見ていただけたでしょうか? 特に注目してもらいたいのはダークマンモス本体よりも、後ろに倒れているMSSシールドライガーです。ポーズも自由につけられるし、ほんと遠景モデルとして最高ですね。

 それで、味を占めた私は、MSSコマンドウルフが欲しくなって模型店に行ってきたのですが、結局何も買わないで帰ってきました。
 いや、コマンドウルフはあったのですが、値段を見て気が引けてしまったのです…、ゾイダー失格ですね、もう非国民ならず、非ゾイダーと呼んでください。

 しかし、シールドライガーが2600円でコマンドウルフが2500円…、あのシールドよりもさらに小さいのに100円しか安くない、さらに、隣にHMMイグアンが3600円ほどで置いてあったりして、どうしてもMSSが値段に比して見劣りしてしまうんですよね…。しかも、コマンドウルフ1体買う事を考えると、もっと安くてボリュームのあるガンプラのHGヤクトドーガやケンプファーを買った方が幸せになれる気もしてしまう…。

 そんなわけで結局買う決断が出来ずにのこのこ引き返してきたわけです。小さくてコレクションスペースを取らず、しかもポーズが自由に決められると言う、まさに私の求めていたゾイドなのですが、これがガンプラHGシリーズの様なリーズナブルなシリーズだったらと改めて思った次第でありました。

 所で、今日行ってきた模型店で、最近発売されたばかりのHMMゴジュラスが置いてあり、その巨大さに圧倒されました。
 私など値段的にも保管スペース的にも、人目的にもとても買う勇気はありません、あれを店頭で買ってしまう人は、真のゾイド勇者だなと思いました…。

コメント

非公開コメント

No title

グラさんは私とかなりゾイドの魅力を感じる部分が似ていると思います。戦艦なども、大砲、装甲、速力、重量、重心などなど、色々な制約の中で合理的な設計をされ、それが図らずも芸術的な美しさを醸し出しているように、機能美と言う様なものがトミー動力ゾイドにあるような気がしていて、そこが好きなんですよね。もちろん「動物型」である事も大きな魅力の一つですが。

「たかが」が大きくなりすぎていると言うのはほんと思いますね。手軽に手を出せて新規ファンを獲得する様な展開は考えていないのでしょう。私にはその辺よく分かりませんが、今のご時世、そんなやり方がいいのでしょうかね。

No title

「制約からの必然的なデザインの魅力」は分かる気がします。
ドイツ機のBf109G-6は機首に不格好な膨らみがありますが、この処理は機銃弾を収めるための必然だそうです。駆動ゾイドも、動力を収めるために外観が多少損なわれています。それが機能優先で不格好な部分を持つ実在兵器に重なり、オモチャらしからぬ存在感とリアリティを獲得しているように思えるのです。
 
私もゼネバス機に関してはこだわりを持って集めていますが、「たかがオモチャ、されどオモチャ」がモットーでもあります。私にとってゾイドは時間とお金を費やすに足るものですが、「たかが」という気持ちもないと、せっかくの遊びが苦行になってしまいますからね。発砲斎さんの改造へのこだわりに比べれば、なんてことのない考えですが(笑)。

近頃のゾイド関連商品は、価格や内容面で「されど」が大きくなりすぎて、「たかが」が小さくなっているように思います。それがマニア向け商売の必然かもしれませんが、なんだか窮屈な気もするんですよね。

感想ありがとうございます

グラさん、ダークマンモスへの感想ありがとうございます。

私はゾイド改造をする際は、いかにもな改造では無く、メーカーの人間になったつもりで、バリエーション商品の一つの様な作品を作る事を心がけています。
なので、元のパーツを切ったり張ったりして、商品として出した場合、大幅な金型改修が必要そうな作品と言うよりも、パーツの差し替えで印象を変える様な改造が好きなのです。
なので、「自然な雰囲気」と思っていただけると、私の狙った所なので、ホントに良く見てくれているのだなぁと、ほんとにうれしく思います。

HMM、MSSに関する思いは私も似ていますね。トミーゾイドは動力を仕込むと言う制約からの必然的なデザインが魅力でもあると思っているので、カッコよさだけを求めたHMMのデザインにはどうもあまり惹かれません。おっしゃる通り、一つのプラモデルとしては作りごたえ、見ごたえありそうで非常に魅力的なのですが、ゾイドとしてはどうも…、と言った感じです。

その点MSSは比較的本家ゾイドのデザインに忠実なので、その辺の違和感は無いのですが、いかんせん他のプラモデルと比べると、値段に比した魅力を感じないんですよね…。
確かに精密なモデルに越した事は無いのですが、せっかくコレクションのしやすいサイズなので、もう少し値段と質をリーズナブルに調整してほしかったです。

どうもゾイドシリーズは痒いところを微妙に外したシリーズばかりで歯がゆい思いをさせられる事が多いですね。

完成おめでとうございます

追加工作とジェノカラーで攻撃的な姿になっていて格好いいですね。
前方に伸びた頭部の角と背中の砲に統一感があって、改造機とは思えない自然な雰囲気です。ゾイド図鑑では、さりげなくホールドアップした兵隊がいるのが芸コマですし、車両と絡むとゾイドの存在感も増すのが面白いですね。

MSSに関してですが、実は私も非ゾイダーです(笑)。
どの機体も格好いいのですが、自分の求める格好よさとはベクトルが違うので、購入意欲があまり刺激されないんです。
ゴジュラスにしても、本家の破綻しかけたスタイルに兵器の禍々しさや凄みを感じるので、HMMの整った外観は少し物足りなく感じます。ゾイドとしてもプラモとしても凄い商品だとは思いますし、ゾイドを応援したい気持ちはあるのですが……。
プロフィール

発砲斎

管理人:発砲斎

ゾイド大戦記へ


ゾイド大戦記もよろしく!

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。